トップ 学校紹介 附属施設・研究機関

afr_bnr.jpg

附属施設

はりきゅう臨床施設(学内付属臨床施設)

afr_mainimg01

学内に、あん摩マッサージ指圧・はり・きゅうの治療室があります。
学生の実習の場として、また地域の健康管理施設として近隣の皆様にもお気軽にご利用いただいております。
附属はりきゅう臨床施設では、「地域に信頼され、地域と共に歩む学園」を目指しています。

お問合せ・ご予約電話番号

046-850-6315

<平日>午前 9:30~12:00 午後 13:00~18:00
<定休日>日曜日、月曜日、土曜日、祝祭日

>>ホームページはこちらからafr_icon

横浜国際プールはりきゅうマッサージ室

afr_mainimg02

横浜市都筑区の「横浜国際プール」の施設内にあります。
当施設では、鍼(はり)やマッサージの施術だけでなく、トレーニング指導も行っております。

鍼(はり)・マッサージを用い、肩こり・腰痛などの症状緩和、リラクゼーション、プロスポーツ選手・一般のフィットネス愛好者へのコンディショニングや競技力の向上を目指します。

施術を担当するスタッフも様々なニーズにお答えできるように、日々努力しております。
専門のスタッフが皆様の健康管理をサポートさせていただきます。

※入学希望者の方を対象に「体験治療」を行っています(要予約)。

お問合せ・ご予約電話番号

045-592-1421

<平日>10:00~21:00(最終受付 20:00)
<定休日>プール休館日および年末年始
※スタッフの出張、選手への帯同業務、セミナーや講演などにより臨時に休室する日があります。詳しくはお電話でご確認ください。

>>ホームページはこちらからafr_icon

ライフエンス総合研究所

afr_title_1

ライフエンス総合研究所は、後藤学園が提唱する人間の「生命・生存・健康」をトータルに考え実践する研究機関です。そのために国際化、学際化を推し進め東西医療はもとより、さまざまな医療資源を統合することで、人間の「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質的向上)」へと寄与しています。また、神奈川衛生学園専門学校と東京衛生学園専門学校の新たな医療福祉教育を支えるシンクタンクの役割も担っています。
ライフエンス総合研究所は主に下記の研究機関を通じて、活動を行っています。

afr_mainimg05.jpg

中医学研究所・中医臨床センター

天津中医薬大学など中国の提携大学との共同教材開発や学術交流促進、鍼灸による認知症治療の研究、本校独自の卒後研修ならびにオープンセミナーの実施、中医インターネット講座の制作などを行っています。また、多くの高齢者入居施設との連携事業を展開しています。

afr_mainimg06.jpg

基礎医科学研究部

故後藤和廣先生が、日本で初めてヒト皮膚C線維及びAδ線維の活動をマイクロニューログラフィーにより導出することに成功し、鍼灸刺激と侵害受容器の活動との関係を研究しています。大学・企業と共同で鍼灸実技の客観的な評価装置や各種実験装置の開発を行っています。

afr_mainimg07.jpg

リンパ浮腫研究所

リンパ浮腫治療やケアを安全に実施するための研究と普及活動を行っています。患者さんが安心して治療を受けられる環境づくりを目指し、大学・医療機関との共同研究及び共同活動、全国各地の医療施設・医療系教育機関における技術指導、リンパ浮腫外来の開設支援に取り組んでいます。

  • icon_facebook.png
  • icon_twitter.png