トップ 2つの学科 鍼灸マッサージ | 東洋医療総合学科トップ 東洋医療総合学科Blog [鍼灸マッサージ師] 掌敬会(同窓会)主催のセミナーが行われました

鍼灸マッサージ師を目指す

  • 東洋医療総合学科
  • オープンキャンパス
  • 取得できる6つの資格
  • カリキュラムと授業
  • 学びのステップ
  • 国家試験+就職サポート
  • 取得資格と活躍ステージ
  • 教員一覧
  • 先輩からのメッセージ
  • 学費・奨学金
  • 入試情報
  • 東洋医療総合学科Blog

東洋医療総合学科Blog

[鍼灸マッサージ師] 掌敬会(同窓会)主催のセミナーが行われました

2017年05月21日

今回の講師は、白石鍼灸治療院 院長 白石 宏 先生です。
「私のトレーナー魂 ~ 情熱・感謝をもって ~」をテーマに、3時間に渡り熱い講演をしてくださいました。
 
先生の治療は、鍼で痛みを取ることだけでなく、アスリートのフォームを矯正することや、一般の患者さんに対しても日常生活動作を改善することを大切にしていらっしゃるとの事でした。
選手のフォーム指導の為、朝まで選手の走る映像を見続けたり、自ら武道を学んだりしたことで、いまでは一目見ただけでフォームが止まって見え、重心位置はどこか?フォームのどこがズレているのか?が分かるそうです。
リオオリンピックでは、陸上の山縣亮太選手のパーソナルトレーナーとして帯同しており、
具体的なエピソードを上げながら話をして下さいました。
 
201705271849_1.jpg
 
先生の若かりし頃の話も印象的でした。はりきゅうマッサージの学生時代は、鍼実技がとても苦手だったそうです。開業した頃も下手だったので銀鍼をたくさん曲げてしまいとてもコストが掛かってしまった事など、今の先生からは想像できないお話もありました。
先生は今も弾入は治療院の中でも下手な方だと笑いながらおっしゃっていました。
 
先生は、毎月のように治療方法が変わるそうです。1ヶ月ぶりに治療院のスタッフが先生の治療をみると、ビックリするそうです。また新しい事をしていると。
そんな先生のエピソードとして、最近久しぶりに国家試験を解いてみたそうです。「全然解けなくて、いま受験したら落ちちゃいます。」と言いながら楽しそうな笑顔をされていました。
常に新しい知識・技術にチャレンジする姿には、感服するばかりです。
 
201705271849_2.jpg
 
講演の後半では、腰痛のある自転車競技もしている参加者に対して、鍼治療をしながらどこを治療ポイントとして鍼をしているかなどを具体的に解説しながら見せてくださいました。
そして、腹筋・背筋・殿筋の筋力バランスを整えるトレーニング方法についても、参加者が明日からすぐに使えるようにと、詳しく解説していただきました。
 
201705271849_3.jpg

201705271849_4.jpg
 
先生が講演の中で、何度もおっしゃっていたのが、
「選手や患者さんをどれくらい想えるかが勝負である。想うとそのようになっていく。
治るかどうかは、情熱が大切。ただ、人を助けたいという想いでここまでやってきた。
弟子達には人を想う心を教えている。
治療家を目指す皆さんには、助けたいと想う心と情熱を育んでほしい。そして、感謝の気持ちを忘れないで欲しい。」
とおっしゃっていました。先生のお人柄と合わせて強く印象に残りました。
 
きっと参加者の心に、先生の言葉と想いが強く残ったのではないでしょうか。
 
201705271849_5.jpg
 
今回はとてもお忙しい中、本校の卒業生・在校生の為にお時間を作って頂き、貴重なご講演をしてくださった白石 宏先生にこの場を借りまして、改めて御礼申し上げます。

専任教員  飯野 享

 
  • icon_facebook.png
  • icon_twitter.png