トップ 2つの学科 鍼灸マッサージ | 東洋医療総合学科トップ 活躍ステージ│鍼灸 あん摩マッサージ指圧

鍼灸マッサージ師を目指す

  • 東洋医療総合学科
  • オープンキャンパス
  • 取得できる6つの資格
  • カリキュラムと授業
  • 学びのステップ
  • 国家試験+就職サポート
  • 取得資格と活躍ステージ
  • 教員一覧
  • 先輩からのメッセージ
  • 学費・奨学金
  • 入試情報
  • 東洋医療総合学科Blog

活躍ステージ

広がる活躍ステージ。自分にあった働き方を見つけよう。

たくさんの先輩が活躍しています!

  • 田子 明恵さん

    独立開業

    2005年卒業
    田子 明恵さん

    こんなお仕事です

    後藤学園附属マッサージ治療室施設で医療リンパドレナージセラピストとしての勤務経験を経て、独立開業しました。リンパドレナージとの出会いは、学生時代の課外授業です。がんの術後の後遺症としてリンパ浮腫が発症することを知り、実際の患者さんの写真を見て衝撃を受けました。患者さんの中には、前向きになれず家族につらく当たってしまう方がいらっしゃいますが、治療の経過とともに身体の変化を実感し、日増しに明るくなっていく様子を目にした時や、人生が変わったと言っていただけた時は本当に嬉しく思います。リンパ浮腫は発症すると完治は難しく、長く付き合っていかなければなりません。だからこそ「患者さんの自立を目標」に、患者さん自身が症状をうまくコントロールできるようサポートしていきたいです。

    後輩へのメッセージ

    自分のライフスタイルに合った働き方ができ、ブランクがあっても資格を活かして復帰できるなど、いつまでも活躍できる素晴らしい資格だと思います。

  • 大江 清一朗さん

    独立開業

    2010年卒業
    大江 清一朗さん

    こんなお仕事です

    大学卒業後、スポーツクラブでトレーナーとして働き始めましたが、多くのお客様を担当するうちに、マッサージや鍼灸が必要なケースもあると実感。また、お客様により安心して頂くために国家資格を取りたいと思うようになり、神奈川衛生学園に入学しました。卒業後治療院勤務を経て、ヨガ講師の妻と共に施術とヨガを融合させたスタジオをオープン。「3年間で、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師とアスレティックトレーナーの資格を取る!」と決心して入学。働きながらの通学は体力的にも厳しかったです。それでも、同じように働きながら通っている友人や、同級生は志氣が高く、みんなで支え合って目標を達成することが出来ました。また、神奈川衛生学園の良いところは、施術理論について柔軟性があること。独自の理論を持つ先生方が互いに認め合い、学生は複数のアプローチを知ることが出来ます。それが今、現場で様々な症状を抱えたお客様に対して施術方針を立てる際に、非常に役立っています。

    後輩へのメッセージ

    何よりも「失敗を恐れない行動力」が大切ではないかと思います。行動すれば、良くも悪くも自分への応えが帰ってきます。これを真摯に受け止めることで、次のステージへ向かう努力の方向性が見えてくるのではないでしょうか。

  • 川島 永二さん

    独立開業

    1993年卒業
    川島 永二さん

    こんなお仕事です

    在学中に、中国研修旅行に参加したことで中医学をもっと学びたくなり、卒業後すぐ、学術交流提携校の「天津中医薬大学」に1年間留学しました。帰国後、鍼灸を取り入れている病院に勤務。東西医学の両方を学べる環境でした、その後整骨鍼灸院開業。患者さんは、腰痛、肩こり、膝の痛みをはじめとし、しびれなどの症状をお持ちの方が多いです。高齢の方は全てが治るわけではありませんが、機械での牽引やマッサージで症状は良くなって帰られます。先日は小学校時代の同級生のお母さまが来院されました。また、地元で開業していますので、かわいがっていただいています。これからも地元に愛される治療院を目指していきたいです。

    後輩へのメッセージ

    臨床にでて、あらためて「あん摩マッサージ指圧師」国家資格の強みを感じています。この資格があるだけで大きな違いですので、是非、神奈川衛生学園で目指してください。

  • 岩倉 瞳さん

    アスレティックトレーナー

    2008年卒業
    岩倉 瞳さん

    こんなお仕事です

    2013年からウィルチェアーラグビーチームJAPANのトレーナーとして国内外の試合に帯同しています。選手達のパフォーマンスアップのために、チーム一丸となり支えます。2014年6月に行われたカナダカップでは、銅メダルを獲得することができました!選手と一緒に悔しさに泣いたり、笑ったり、感動したり、その瞬間を共有できることがこの仕事の魅力です。自分がケアしてきた選手が試合で良いパフォーマンスをし、結果を出せたときは本当に嬉しいですね。海外遠征では、選手に何かあっても必要なものが手に入らないときもあります。自分自身の手と少ない道具で対応できる鍼灸マッサージの技術は海外遠征やドーピング検査に関わるトップアスリートには必要不可欠だと思います。また昨年から母校の神奈川衛生でATの講師をしています。学生さんから学ぶことも多く、近い将来スポーツ現場で彼らと一緒に仕事ができるのが楽しみです。

    今後の目標

    2016年リオデジャネイロパラリンピックでウィルチェアーラグビーチームJAPANが初のメダルを獲得することです。また、障がい者スポーツ健常者スポーツの壁をとりはらい、すべてのアスリートをサポートできる環境づくりを進めていきたいです。

  • icon_facebook.png
  • icon_twitter.png