トップ 学校からのお知らせ 教育訓練給付金制度のお知らせ

学校からのお知らせ

教育訓練給付金制度のお知らせ

2015年10月01日

神奈川衛生学園専門学校の東洋医療総合学科は、厚生労働大臣の指定する「専門実践教育訓練」の教育訓練施設として指定されています。これにより、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者または一般被保険者であった方が東洋医療総合学科に入学し受講終了した場合、教育訓練給付金が支給されます。

201512091014_1.jpg



201512091130_1.jpg

【お知らせ】
専門実践教育訓練給付金は、
離職者も在職者も申請手続きが受講開始日の1か月前(3月5日)までに終了していないと、受給できなくなりますのでご注意ください(次年度以降の受給も不可)。キャリア・コンサルティング等予約が必要な手続きは、時間がかかる場合があります。また、入学後は6か月ごとにハローワークでの手続きが必要です。

【支給対象】
以下の1又は2に該当する方(※詳しくはハローワークでご確認下さい。)

1.2014年10月1日以降に、初めて受給する場合
受講開始日までに、通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方 (10月1日前に教育訓練給付を受給した場合は、その受給に係る訓練の受講開始日から今回の受講開始日前までに、通算して2年以上の被保険者期間が必要です。)

2.2014年10月1日以降に、2回目以降として受給する場合
前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までに、通算して10年以上の雇用保険の被保険期間を有している方 (10月1日以降に「一般教育訓練」の給付を受けた場合、次の受講開始日前までに、通算して10年以上の雇用保険の被保険者期間等が必要になりますので、ご留意ください。)

【支給内容】
受講者が支払った訓練経費×40%
受講修了日から1年以内に資格取得等し、かつ、被保険者として雇用された又は雇用されている場合等には20%を追加支給

【支給額】
上限32万円/年
上記20%の追加支給を受けた場合にあっては、48万円/年

【支給期間】
原則2年(資格につながる場合は最長3年)

※45歳未満の離職者が支給対象1に該当する場合には、
 離職前の給与に基づいて算出された金額(基本手当の半額)が受講中に給付される教育訓練支援給付制度が創設されました。
 (平成31年3月31日まで暫定措置)

※専門実践教育訓練給付を受ける場合には、
 前回受給から今回受講開始日前までに10年以上経過していることが必要
 受給には本人の申請等が必要です。受給資格、申請方法など詳しくは、ハローワークにお問合せください。

 下記のページでも制度について、詳しく紹介されていますので、ご参照ください

・厚生労働省-教育訓練給付制度について-
・ハローワークインターネットサービス

 

  • icon_facebook.png
  • icon_twitter.png