トップ VOICE 大塚みなみ

VOICE

大塚みなみ

患者さんの毎日に前向きな変化を

鍼灸マッサージ師

大塚みなみ さん

訪問マッサージリアル 勤務 (2014年卒)

  • 卒業生

入学前は高校生

高校卒業後、アスレティックトレーナー(以下AT)を
目指し神奈川衛生学園専門学校に入学しました。
小学校から高校までバスケットボール部に所属していました。
ケガをしたときに治療を受けた先生が神奈川衛生学園の卒業生で、
その方の治療や人柄に影響を受け、「治療のできるトレーナー」を目指し入学しました。

ATの授業は、スポーツでの外傷について学んだり、
興味のある分野の知識が増えていくのですごく楽しかったです。
しかし、知識や技術だけでなく、現場で対応する能力や、
判断力が問われるATは、想像以上にとても厳しい世界だということを感じました。

現在は訪問マッサージの会社に勤務し、幅広い患者さんを担当し治療しています。
元々人と接することが好きで、人の役に立てる仕事をしたいと思っていました。

患者さんは、身体の障害により麻痺や関節拘縮、
筋委縮などで健常者の方とは治療のスタイルが違うので、
うまくいかないこともあります。患者さんの状態の変化や、
環境により個々の施術が異なるので、複雑で迷うこともありますが、
その度に疾患について調べ、学生時代の教科書やノートを読み返したり日々勉強です。
それでも、表情が暗かった患者さんの笑顔が見られた時、
今までできなかったことができるようになった時など、
少しでも変化を感じることは、とても嬉しいです。
マッサージで相手の体に直接触れることができるので、
より変化を見出せます。 自分が患者さんと出会い、
会話やマッサージを通し、患者さんに何か少しでも前向きな変化を
出せたらと思いながら日々接しています。

神奈川衛生は実技の授業も多く、そこでしっかりと基礎を教えていただきました。
職場の勉強会で、在学中に習った手技を取り入れたりもしています。
結構振り返っていますよ。(笑)
学生同士はもちろん、教務や事務員さん、用務員さんまでみんな本当に仲良くて、
学校全体が家族のような雰囲気でした。 国家試験間近では、みんなが協力し合い、
得意分野があれば積極的にフォローしながら勉強をしていました。
自分以上に相手を思いやる人が多かったです。仲の良さと教務の先生方の熱い協力があって、
国家試験全員合格100%が達成できました。

今後は、もっと在宅での知識や経験を積んでいくと共に、
この業界を多くの人に知っていただけるよう、広めていきたいです。
また、今でもバスケットボールを続けているので、
来年AT資格試験を受験し、資格を取得後はスポーツ関係の治療や現場も
経験したいなと考えています。これから入学を考える方、また在校生には、
とにかく勉強も遊びも楽しんで欲しいです。楽しくなかったらつまらないし続かない。
正直まだ在宅では分からないことばかりですが、今とても楽しいです。
苦しくなったら自分が楽しい、興味がでるような考え方・行動に変換すること。
今を楽しんで頑張ってください。

  • icon_facebook.png
  • icon_twitter.png