トップ VOICE 長谷 史織

VOICE

長谷 史織

青森からやってきました!
横須賀にある神奈川衛生学園を選び、鍼灸マッサージ師を目指すのはなぜ?

鍼灸マッサージ師

長谷 史織 さん

青森県出身 [社会人から入学]

  • 在校生

入学前は社会人

★本校は、遠方からご入学を希望される方を応援しています!★

遠方から入学されて、本校で学んでいる学生さんたち。
それぞれの入学のきっかけや体験談、一人暮らしのポイント等についてご紹介します。

社会人経験を経て、青森県青森市から神奈川県横須賀市に引っ越して、
鍼灸マッサージ師を目指している長谷 史織さんにお話を伺いました。

Q.鍼灸マッサージ師を志すようになったきっかけは?

大学時代に膝の痛みを鍼灸師さんに治療していただいた体験から、鍼灸マッサージに興味を持ちました。大学卒業後、地元・青森の整体院でリラクゼーションの仕事をしていた時に、「医療系国家資格の必要性」を、身をもって感じました。国家資格の有無によって、現場では「できること」と「できないこと」があるからです。

私自身が以前から、医療を通してスポーツとアスリートをつなぐ仕事をしたいと思っていたこともあり、治療のできるアスレティックトレーナー(以下ATと略)を志すようになりました。しかし、ATは高齢になってからも続けるのは困難な職種ですので、定年がなくて「一生仕事ができる」鍼灸マッサージ師にウェイトを置いて、将来を考えるようになりました。目標は、いろいろな患者さんに柔軟性をもって対応できる治療家になること。地元・青森で開業し、地域医療に貢献したいと考えています。

Q.遠方の青森から、なぜ本校を選んだのですか?

長谷 史織 まず「3年間でATと鍼灸マッサージ師の資格が取れる学校」で、ATの合格率が高い学校を探しました。その際に、青森の整体院でお世話になった先生の知人が神奈川衛生学園の卒業生というご縁もあり、最初に神奈川衛生学園の体験入学に参加することにしました。参加してみて分かったのは、まず「横須賀は、誘惑が少なく勉強に集中できる場所」だということ。都内と比較して物価が安いのも魅力的でした。

そして、体験入学で在校生と先生方が丁寧に説明をしてくださったことで、学ぶ環境の良さを実感でき、遠方から引っ越してくる不安が大きく軽減されました。校内の清潔な設備や、司書さんが常駐している広々とした図書室の中を歩いてみて、「この学校で3年間学びたい」と実感しました。

Q.一人暮らしのポイントを教えてください

女性の一人暮らしですので、住まい選びについては吟味しました。学校に近いこと、夜道が暗くない、安全で静かな住環境であること等、自分なりの基準を設けて部屋を探しました。良い物件が見つかるかどうか最初は不安でしたが、不動産屋さんによく相談し、学校の近くで安価な良い物件が見つかり、そこに決めました。
同じ間取りでも、都内(新宿等)の物件と比べると横須賀は格段に安価なため、3年間の生活費(住居コスト)低減につながるので良いと思います。


引っ越しサポート制度 はこちら>>

  • icon_facebook.png
  • icon_twitter.png