トップ VOICE 小口 拓也

VOICE

充実した学ぶ環境に魅力を感じ入学を決意!

看護師

小口 拓也 さん

小さな子供たちに勇気を与えられる看護師を目指す!

[社会人から入学、看護学科 2年生]

  • 在校生

入学前は社会人

看護を学ぼうと思ったきっかけは何ですか?

大学では教育関係について学んでいました。学生時代、とあるボランティア先で、長期入院しており学校に通えない児童と出会いました。その子は学校に通学することに憧れを抱いていました。小児科にも教育の知識を持った看護師がいれば、そのような子供たちの力になれるのではないかと思い、看護師を目指しました。

実際に学んでみてどんなことを感じますか?

体の仕組みを知ることができる解剖学は、一から学ぶことが多く大変です。しかし病理学など病気に関連して学ぶ授業の知識につながっていくことで、病気のメカニズムとして理解することができ、楽しいです。

好きな授業は何ですか?

好きな授業は基礎看護技術です。演習などを通して、「看護師になる!」という自覚が芽生えます。安全に気を配り技術演習を行います。看護師・患者さんの両者にとって負担が少なく、安全に体位変換を行うために何度もシミュレーションを行います。

プライベートな時間はどのように過ごしていますか?

テストが月に2~3回程度あるので、それに向けて課題をこなしたり、復習をしています。テストや課題があることを考え、調整しながらアルバイトも行っています。

将来の夢は何ですか?

小児科病棟がある病院に勤務し、一人ひとりの患者さんと向き合えるプロフェッショナルな看護師を目指していきたいです!