トップ VOICE 三ヶ島 卓矢

VOICE

治療も運動指導もできる
アスレティックトレーナーになりたい‼

鍼灸マッサージ師

三ヶ島 卓矢 さん

これまでは、スポーツ現場でトレーニング指導をしてきたが、現場で活躍する医療スタッフを見て憧れを抱くように。自身も治療ができるようになりたいと思い、本校に入学を決意。

[専門学校卒業後入学、東洋医療総合学科 1年生]

  • 在校生

入学前は専門学校生

鍼灸マッサージ師を目指すきっかけは何ですか?

他のスポーツ系専門学校に在籍していた私は、これまで学生トレーナーとして、スポーツ現場でトレーニング指導をしていました。しかし、医療系国家資格を持っていないため、治療行為が行えない現状に活動の限界を感じており、鍼灸マッサージ師か柔道整復師の国家資格を取得したいと考えるようになりました。あるスポーツ現場に赴いた際、鍼灸マッサージ師とアスレティックトレーナーの資格を持って活躍する方と出会い、憧れを抱くようになりました。この出会いで迷いも吹っ切れ、鍼灸マッサージ師の資格取得を目指そうと思いました。

なぜ神奈川衛生学園を受験しようと思いましたか?

高校時代はバトミントン部に所属していましたが、私はケガが多く全力でプレイできない時期がありました。しかし神奈川衛生学園出身のトレーナーがチームに就任していただいてからは、ケガが快方に向かい、引退試合ではベストコンディションでプレイすることができました。このような高いレベルのトレーナーを養成している専門学校なので、安心して学習できると思い、受験を決意しました。

クラスの雰囲気はいかがですか?

皆年齢が違うため、当初はこの環境でやっていけるか不安はありました。しかし、今となっては多種多様な職種にかかわってきた社会人の方々とお話しするのが楽しいと感じています。このような仲間と切磋琢磨して勉強できる環境があり、とても充実しています。

好きな授業は何ですか?

好きな授業は、気の流れやツボなどを学ぶ「東洋医学概論」です。約半年間、東洋医学を勉強してきましたが、まだまだ分からないことがあります。しかし、少しずつ基礎が定着するのを実感し、毎回この授業を楽しみにしています。

将来の夢は何ですか?

卒業後は、「治療のできるトレーナー」になりたいと思っています。これまでの活動で行ってきた「トレーニング指導」に加え、神奈川衛生学園で学ぶ「東洋医療の技術」をスポーツ現場で活かしたいと考えています。また、将来的には治療と運動指導ができる総合型施設を開業し、様々なアスリートのケアからトレーニング指導まで行っていきたいと思っています。