トップ VOICE 田中 遥菜

VOICE

スポーツ選手の怪我の予防と治療ができるアスレティックトレーナーを目指す!

鍼灸マッサージ師

田中 遥菜 さん

サッカー部のマネージャー経験から、怪我の予防ができるトレーナーになるために入学を決意!

[高校新卒で入学、東洋医療総合学科1年生]

  • 在校生

入学前は高校生

東洋医療総合学科 を選んだ理由は何ですか?

高校時代に所属していたサッカー部のマネージャーとしての経験がきっかけです。
試合が連戦になると、選手の多くが疲れから怪我をすることがありました。コーチと一緒に応急処置を行っていましたが、自分なりに改善できないかと色々調べている中、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の資格を持つ友人のお父さんから、医療系国家資格を取得することで「怪我の予防」ができると話を聞き、東洋医療総合学科を選びました。

好きな授業は何ですか?

座学の経穴が好きです。経穴を自分で押して、身体との効果をすぐに確かめられるところも良いです。座学で学んだ経穴を実技の鍼で行うことで、頭で知識として理解したことが実技で行動としてつながっていくところが学んでいて楽しいと感じます。

クラスの雰囲気はいかがですか?

クラスの年齢幅は広いです。日常的に様々な年齢の方と話をすることで、話題も知識も豊富になり学びの幅が広がると感じています。関わる方の皆が明るく、学校全体がとても楽しい雰囲気に包まれていると思います。

プライベートな時間はどのように過ごしていますか?

アスレティックトレーナー授業の指導論に興味があり、トレーナーとしての指導側の考え方について勉強しています。
また、将来はスポーツ系の仕事に就きたいので、ジャンルを問わず様々なスポーツを観戦しています。怪我の多いアメフト観戦や、マネージャー経験からサッカーが多いです。

将来の夢は何ですか?

卒業後は治療院で勤務経験を積んでから、スポーツのプロチームに所属し、アスレティックトレーナーとして一人ひとりと向き合いチームを勝利へ導いていきたいです。自分がケアした選手が活躍し、そのチームとスポーツに興味を持ってくれる人が増えると、とても嬉しいです。