トップ VOICE 岡野 朝陽

VOICE

相手の立場に立って考えられる看護師を目指す!

看護師

岡野 朝陽 さん

自身の入院経験から、相手を想う看護の仕事に強く惹かれ入学を決意!

[高校新卒で入学、看護学科2年生]

  • 在校生

入学前は高校生

看護師を志した理由は何ですか?

小学生の頃の入院生活がきっかけです。
私は、入院した当時は一人で食事をすることが大変な状況でしたが、担当していただいた看護師さんが私に合った対応と援助をしてくださり、とても助けていただきました。その「相手を想う看護」への記憶が今も強くあり、看護師への道を志しました。

実際に学んでみてどんなことを感じますか?

勉強は一から学ぶ内容ばかりで大変ですが、「今日までクラスの仲間と助け合い、協力し合いながら乗り越えてきたな」と思います。看護学科はクラス40名で3年間変わらない仲間ですので日々、信頼が深まっていると実感します。先生方も学生それぞれに合った対応をしてくださるので、とても学習しやすいです。
大変な実習も「仲間」「先生」となら、乗り越えていけると感じています。

好きな授業は何ですか?

基礎看護技術での演習が好きです。看護師に必要な技術が身についていると実感ができます。

プライベートな時間はどのように過ごしていますか?

毎日夜に1~2時間くらい勉強しています。また、週2~3回アルバイトをしています。アルバイトがある日も、その後に勉強をしています。
たまにサッカーなどスポーツで体を動かすようにしています。

将来の夢は何ですか?

横須賀市で就職したいです。私が経験したように相手の立場に立って考えられる看護師になって、横須賀の地域医療に貢献したいです。